印旛沼「Home Town」プロジェクト写真コンテスト ふるさと印旛沼の思い出写真を大募集!
ふるさと印旛沼の思い出写真を大募集!
印旛沼イメージソングってどんな曲?
印旛沼思い出写真募集要項
HomeTownプロジェクト/印旛沼の現状について

平成23年度の環境省による水質状況調査の結果、印旛沼はワースト1位となってしまいました。

私たちは、昔から印旛沼とともに生き、豊かな恵みを受けてきました。時には洪水や干ばつのような試練もありました。人々は印旛沼に畏敬の念を持って接し、印旛沼文化という独特の生活文化を形成してきました。私たちは、印旛沼に安らぎを覚え、心のふるさとを感じます。

しかし、今日の印旛沼は、近年の急激な都市化による生活環境の変化や社会経済活動等の影響により、水質が悪化しています。水質の指標となるCODは環境基準(COD75%値:3mg/L)を大幅に上回り、2007(平成19)年度には、全国湖沼水質のワースト1となってしまいました。また、印旛沼の水源(湧水)を涵養する流域の台地や、湧水が湧き出る里山や谷津の環境が変容し、多くの在来動植物が減少・消滅する中で、ブラックバスやカミツキガメ、ナガエツルノゲイトウ等の外来種が侵入・繁殖する等、生態系も日々悪化しています。

一方、流域では、住宅開発等の急激な土地利用変化等により洪水流量が増加し、浸水等の水害が発生しています。さらに今後、地球温暖化による影響も懸念されます。

印旛沼は私たちの生活と流域の環境を映す鏡です。 印旛沼の水質を浄化し、健全な生態系を保全・再生するとともに、水害の軽減を図ることにより、印旛沼と共生することを目指さなければなりません。水清く、自然の恵みにあふれ、穏やかで豊かな印旛沼・流域を再生し、次世代に生きる子どもたちに引き継いでいく必要があります。

いんば沼情報広場ホームページ「これまでの歩み」より引用、抜粋)

指定湖沼の水質状況の推移(COD)
指定湖沼の水質状況の推移(COD年間平均値)

豊かなふるさと「印旛沼」の環境健全化にご協力ください。
印旛沼イメージソング「Home Town」プロジェクト実行委員会 ●協賛:佐倉工業団地連絡協議会・JAいんば ●後援:印旛沼流域水循環健全化会議・佐倉市
HomeTownの歌詞はこちら HomeTownの歌詞はこちら ゆうなみとうささき ゆうなみとうささき HomeTownの歌詞はこちら HomeTownの試聴はこちら 佐倉市民音楽ホール「HomeTown」コンサート hometown@stad-tv.com info@t-net.co.jp